ロゴ

ソーラー.net

ローンの不安解消に太陽光発電を始めてみましょう。

発電した電力は使うだけじゃもったいない!

一軒家

太陽光発電の売電制度

ただ太陽光発電を設置して利用するだけではもったいないです。太陽光発電の売電制度を知っているかいないかで、お財布事情が大き違います。ぜひ売電制度について知っておきましょう。実際に利用している人たちのお声もまとめてありますので、こちらもどうぞ。

READ MORE

太陽光発電の設備について知っておこう

太陽光発電に用いられるソーラーパネルの寿命などメンテナンスにかかわる知識をみにつけておきましょう。太陽光発電システムを導入する前に準備できること、心がまえなど事前に知っておくことで失敗を防ぐことができます。また、東芝の太陽光発電システムのサポートなど各メーカーなどとのサービスの違いをリサーチした置くことも設置後のトラブルを避けることにつがなるので意識しておきましょう。

毎日の省エネ生活に太陽光発電をプラスα

パネル

太陽光発電とは

太陽光発電、いわゆる再生可能エネルギーを活用した発電方法です。風力や地熱など他の再生可能エネルギー発電方法の中でも大きく環境に依存しない画期的な発電方法とされています。一般家庭でも身近なものになっていて、快晴など発電量が十分ある日はこの電力のみで自宅に電力供給ができます。また、発電した電力を電力会社に販売する制度もあります。

どのくらいの期間利用できるのか

おおよそになってしまいますが、ソーラーパネルの法定耐用年数は17年とされています。しかし、以前と比べると性能の向上により定期的なメンテナンスなど管理次第では40年以上の寿命を持たせることもできます。ただ環境や利用状況によって経年劣化の進度は大きく左右されるのであくまで参考程度にしていてください。もし、より具体的な年数が知りたいなら、設置業者に聞いてみるといいでしょう。見積もりや問い合わせの段階で教えてくれるはずです。

ソーラーパネルのメンテナンス

ソーラーパネルの寿命は20年以上であると期待されています。頻繁な管理メンテナンスが必要であるとはされていませんが安定して万全な状態で発電させるには保守メンテナンスが必要になってきます。経年劣化、性能低下、災害による故障など設備上のトラブルはつきものです。設置後は、定期的な保守メンテナンスでパフォーマンスをなるべく維持できるようにしましょう。設置と同じ業者に定期点検も頼んでおくと安心です。

太陽光発電を導入する前にやっておきたいこと

いざ太陽光発電を設置して始めようと思っても何をしたらいいのかわからない人は少なくありません。しかし、実際に工事・見積もりの段階に行く前に自分たちで準備できることはあります。太陽光発電を導入する前に設置場所に適したパネル配置の検討、電力使用量の記録、各メーカーのリサーチ、国からの助成金・補助金のチェック、支払方法など様々な点を考慮に入れておきましょう。

新着情報

広告募集中